· 

私がフリーランスになったきっかけ〜月曜日を嫌いになりたくなかった〜

こんにちは。

フリーライター&ライター講師のほりゅちゅこです。(プロフィールはこちら、公式LINE@はこちら

 

今回は、私がフリーランスになろうと思ったきっかけをお話ししたいと思います。

 

大学卒業後、私は東京の会社で働いていました。

入社したては毎日が新鮮で、おしゃれなオフィスで丸の内OLを満喫していました。

金曜日の夜は「花金」。

街には、お酒を飲みながら、疲れを吹き飛ばそうとしている会社員があふれていました。

 

でも、金曜日はすぐに終わってしまう。

土曜日もあっという間に過ぎてしまう。

日曜日の夜になると、「明日、会社に行きたくない」と憂鬱な気分になる自分がいました。

 

それでも月曜日が来ると出勤し、いつしか金曜日を待つ毎日になりました。

 

私の中で、仕事始めの月曜日は嫌われ者になっていました。

 

週末に「あと何回こんな1週間を繰り返せばいいんだろう」と掃除機をかけながら、涙がこぼれてきたのを覚えています。

 

 「月曜日を嫌いになりたくない」

 

 「これからの人生で何回も訪れるであろう月曜日を気持ちよく迎えたい」

 

この想いが私のフリーランス人生のスタートとなりました。

 

今では月曜日が好きです。

 

もちろん、会社員として月曜日を好きになる方法もあったと思います。

会社の先輩や同期、みんな仲良くしてくれて大好きでした。

今でも、会社で学んだ経験が生きています。

 

ただ、会社員という働き方が、私には合っていなかった。

それだけです。

 

今日は月曜日。

新しい一週間の始まり。

 

皆さんにとって、素敵な一週間になりますように。

 

それでは、またお会いしましょう。

今なら、「単価を150倍に上げた方法」を無料プレゼント中!

取材ライター経験を生かして、LINE@にてインタビューやライティングに役立つ情報配信をしています。

 

今なら登録特典として、「1記事1,000円の低単価WEBライターだった私が単価を150倍に上げた3つの方法」をプレゼント中です!

1文字1円ライターから、どうやって単価をアップさせたのか?

セミナーでもお伝えしている内容を少しだけご紹介します!

<前のブログ         >次のブログ