· 

これをすると確実に失敗する!?ビジネス初心者が陥りがちなワナ

こんにちは!

フリーライター&ライター講師&コンサルのほりゅちゅこです。(プロフィールはこちら、LINE公式アカウントはこちら

 

 

「頑張ってLPを書いてみたけど、どうして売れないんだろう・・・」と悩んでいませんか?

 

 

今日のテーマは、「ビジネス初心者がやりがちなアノ失敗」

いろんな失敗がありますが、この失敗がけっこうクセもので、多くの人が陥りがちです。

というわけで、私の黒歴史と共にお送りします😂

 

それでは、さっそくスタートです!

実は、書く前から失敗している!?

 

 

さて、どんな失敗だと思いますか?

 

答えが気になりますよね。

 

それでは、発表します!

 

 

 

答えは・・・

 

「オリジナリティを出しすぎる」

 

これです。

 

 

 

「売れないんです・・・」と相談いただく方の文章を読むと、「何を参考にしたのかな?」と思う確率がめちゃくちゃ高いです。

で、実際に聞いてみたら「自己流」だったり、「我流」だったり。

 

 

確かにオリジナリティは大切なんですが、それ以上に重要なのが「守破離(しゅはり)」

 

 

守破離とは、剣道や茶道などで、修業における段階を示したもの。

「守」は、師や流派の教え、型、技を忠実に守り、確実に身につける段階。

「破」は、他の師や流派の教えについても考え、良いものを取り入れ、心技を発展させる段階。

「離」は、一つの流派から離れ、独自の新しいものを生み出し確立させる段階。

 

※引用:goo国語辞書

 

 

 

スポーツでも、一流の選手ほど基本に忠実ですよね。

例えば、イチロー選手。

高校時代の3年間、1日も欠かさず毎日10分間の素振りを続けたそうです。

 

徹底的に「守」をやり抜いた結果、世界的に評価されるプロ野球選手になったわけです。

 

 

 

ビジネスも同じ。

何よりもまず「守」が先です。

 

 

「自己流=事故流」と言われているくらいですからねw

 

 

では、ビジネスの「守」とは一体何でしょうか?

 

考えてみてください。

 

 

 

答えは・・・

 

「売れている人の真似をする」

 

これに尽きます。

 

 

うまくいっている人の真似をすることで、「型」を覚えられます。

 

もうこれが一番の近道です。

 

 

 

と、こんなことを言っている私も、昔オリジナリティを出しすぎていました😇

なんか「違いを出さなきゃ!」って勝手に思ってたんですよね。

・・・まったく売れなかったです(遠い目)

 

さんざん痛い目を見て、変なこだわりを捨てたら、うまくいくようになりました!

 

 

 

でも、いくら「基本に忠実に」と言われても、最初からこだわりを捨てるのは難しいですよね。

 

どうしても「こうしたい」「ああしたい」という想いがあるからです。

 

人間だもの(笑)

 

 

 

なので、今ここで変なこだわりは捨てちゃいましょう(圧)

 

あなたも私と同じ失敗をしないように、まず「守」から取り組んでくださいね!

LINEでお役立ち情報をゲット!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ご感想をいただけたら、とっても喜びます!

 

何かご質問やリクエストがあれば、LINEからメッセージくださいね。

  

LINEのお友だち登録で、講座の先行案内や役立つライティング情報などをお届けします!

 

\ご登録はこちら/

それでは、体調管理に気をつけながら頑張っていきましょう!

 

ほりゅちゅこでした。

またお会いしましょう〜!