· 

「となりのほり圧」はこうしてできた〜由来編〜

こんにちは。

フリーライター&ライター講師のほりゅちゅこです。(プロフィールはこちら、公式LINE@はこちら

  

オンラインサロン「となりのほり圧」がオープンして1週間。

早速メンバーの相談にメンバー同士で答える、という好循環が生まれています(私もびっくり)

 

「ここに相談しなきゃ気づけなかった」という声もあり、集合知の素晴らしさを実感しました。

自分のつくった場所が役立っていると思うと、心が温かくなります。

オンラインサロン、始めてよかった!

 

さて今回は、「どうして『となりのほり圧』という名前になったのか?」というお話をしていきたいと思います。

それでは、さっそくまいりましょう。

「となりのほり圧」に改名しようと思ったワケ

改名する前は「ほり圧サロン」という名前でしたが、「なんか指圧サロンっぽい(笑)」という声がありました。

確かにややこしいと思い、改名することにしました。

 

そこで「となりのほり圧」を発表したところ、「ダサいwwと言われたのですが、そんなにダサいですかね?笑

 

実は、他にもいろんな候補がありました。

  • ほり圧タウン
  • ほり圧ワールド
  • ほり圧シティ
  • ほり圧の森

などなど(頑なに「ほり圧」は残すスタイル)

 

その中でも「となりのほり圧」に決めたのには、ある思いがあります。

リニューアルする前に2カ月間運営した「ほり圧サロン」の活動を記念して、あろうことか小説を綴ったのですが(詳しくはこちら)、執筆中に「夢だけど、夢じゃなかった」と心に留めてもらえたらいいな、という思いが溢れてきました。

 

そうです。

 

『となりのトトロ』のように。

 

そして、トトロのキャッチコピーを調べてみると、このように書かれていました。

 

「このへんないきものは、まだ日本にいるのです。たぶん。」

 

 

 

私のことやん?

 

日本にいるへんないきもの、私のことやん?

 

 

と勝手に思い込み、「となりのほり圧」に決定しました。
以上です。 

次回へ続く

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

引き続き、サロンの活動を記していきたいと思います。

 

それでは、サロンが活性化して喜ぶほりゅちゅこでした。

またお会いしましょう。

今なら、「単価を150倍に上げた方法」を無料プレゼント中!

取材ライター経験を生かして、LINE@にてインタビューやライティングに役立つ情報配信をしています。

 

今なら登録特典として、「1記事1,000円の低単価WEBライターだった私が単価を150倍に上げた3つの方法」をプレゼント中です!

1文字1円ライターから、どうやって単価をアップさせたのか?

セミナーでもお伝えしている内容を少しだけご紹介します!

<前のブログ         >次のブログ