· 

先週の『プロフェッショナル 仕事の流儀』が最高だった件

皆さんは働く上で、どんな心構えを持っていますか?

 

こんにちは。

ライター講師のほりゅちゅこです。(プロフィールはこちら、公式LINE@はこちら

 

3月17日に放送された『プロフェッショナル 仕事の流儀』にとても心を動かされました。

いろんな思いがあふれ、筆を執らずにはいられませんでした。

今回のプロフェッショナルは、世界一の靴磨き職人・長谷川裕也さん。

東京・南青山でカウンタースタイルの靴磨き専門店を経営されています。

 

今でこそ靴磨き業界のトップランナーとして活躍されていますが、苦難の時代があったそうです。

路上で靴磨きを始め、行列ができるほど人気になった頃、「食っていけるの?」「アルバイトなの?」と聞かれたことがあったとのこと。

 

何気なく見ていたんですが、この言葉を聞いた瞬間、テレビにかじりつきました。

理由は、私も駆け出しの頃に「ライターだけで食べていけるんですか?」と聞かれたことがあったから。

デリカシーがなさすぎる質問にめちゃくちゃ腹が立ちました。

 

長谷川さんは「なにくそ」と思い、仲間を集って現在の南青山に出店。

400万円の借金をすべて一人で背負います。

2008年のことです。

 

インタビューでは「食べていけるかどうか、弁護士や税理士には聞かないですよね。つまり、靴磨きが食べていけない仕事だと思われているということ。僕の力で常識を覆したいと思った」と語っていました。

 

南青山店では、今までの3倍に値上げ。

1足1,500円に。

 

 

 

「高すぎる」と誰も来ない日もあったそうです。

 

 

 

それでも、2,500円、4,000円に値上げ。

 

「決して値下げはしない」と決心します。

 

すると、路上時代の常連さんが仲間を引き連れて通ってくれるように。

 

2017年には、イギリス・ロンドンで開催された靴磨き世界大会で優勝。

10年もかからないうちに、見事なサクセスストーリーを実現しました。

 

「逆境、なればこそ」

 

長谷川さんは、自身の成功を振り返って、そう語っていました。

 

 

現在では、障がい者への就労支援として靴磨きの指導や、靴磨き職人の若手育成に力を入れているとのことです。

長谷川さんの話を聞いて、

 

「ライターの社会的地位を向上させたい」

 

そう思いました。

 

「ライターって食べていけるんですか?」

「フリーランスって生活できるんですか?」

 

独立して4年経った今でも聞かれます。

 

 

 

私も逆境を成長の糧にしたい。

ライターチームを作ったばかりだけど、これからどんどんチームを大きくしていきたい。

質の高いライターさんを育てていきたい。

 

 

そう思っています。

 

 

ライター講師・ほりゅちゅこ

今なら、「単価を150倍に上げた方法」を無料プレゼント中!

取材ライター経験を生かして、LINE@にてインタビューやライティングに役立つ情報配信をしています。

 

今なら登録特典として、「1記事1,000円の低単価WEBライターだった私が単価を150倍に上げた3つの方法」をプレゼント中です!

1文字1円ライターから、どうやって単価をアップさせたのか?

セミナーでもお伝えしている内容を少しだけご紹介します!

<前のブログ         >次のブログ