· 

「好きなことができれば給料が低くてもいい」なんて、1ミリも思わなかった

こんにちは、ライター講師のほりゅちゅこです。(プロフィールはこちら、公式LINE@はこちら

 

フリーライターになって4年目になりました。

会社員時代を含めると、ライター歴は6年になります。

 

小学1年生だった子が、小学校を卒業する年月です。

(自分でも、ただただびっくりしています・・・!)

 

今回は、私がライターになろうと思ったときのお話しをしたいと思います。

私がライターになろうと思ったのは、「文章を書く」という好きなことを仕事にしようと思ったからです。

 

「好きなことを仕事にしたら、だんだん好きじゃなくなるかも・・・」

「好きじゃなくなるどころか、キライになってしまう可能性もあるかも・・・」

 

でも、それでも私はライターという職業を選びました。

 

 

そう言うと、

 

「給料が低くなってもいいから、好きなことを選んだ」

 

というふうに解釈されることもあるけど、まったく違くて。  

 

イヤイヤ仕事をするより、好きな仕事をしたほうが絶対成長できるし、その成長が結果となって返ってくると考えたからです。

 

そして、今もそう考えています。

ホリエモン×落合陽一さんの共著『10年後の仕事図鑑』でも、

 

好きなことに没頭し、仕事になるまで遊び尽くす

 

と書いていて、本当にその通りだなと思います。

 

お二人の主張は、

 

これからAIが台頭する中で、「イヤな仕事」はAIが代わりにやってくれるようになっていく。

そして、人間は「好きなこと」ができるようになって、仕事は楽しいものになっていく。

 

というものです。

 

そうなれば、AIは脅威じゃなくなりますね。

 

ステキな世界になっていきそうです。

 

(私は、ホリエモンフリークでも、落合さんフリークでもないですが)

 

 

もちろん、好きなことを仕事にすることは、

好きだからこそ、こだわりがあって、

うまく書けなくて大変なときもあります。

 

 

でも、その分、成長が楽しい。

 

これからも好きなことをしながら、人生を楽しんでいきたい。

 

私は、そう考えています。

 

 

 

残念なことに、

 

「仕事がつまらない・・・」

「でも、辞めるのももったいない・・・」

 

と思っている方も少なくないと思いますが、これからますます副業が解禁され、働き方が変わっていくはずです。

 

これからもっと自分の気持ちに素直になって、幸せに、豊かに生きていける人が増えますように。

今なら、「単価を150倍に上げた方法」を無料プレゼント中!

取材ライター経験を生かして、LINE@にてインタビューやライティングに役立つ情報配信をしています。

 

今なら登録特典として、「1記事1,000円の低単価WEBライターだった私が単価を150倍に上げた3つの方法」をプレゼント中です!

1文字1円ライターから、どうやって単価をアップさせたのか?

セミナーでもお伝えしている内容を少しだけご紹介します!

<前のブログ         >次のブログ